azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 倉木麻衣特集3「FAIRY TALE」

<<   作成日時 : 2006/08/25 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

今回から倉木麻衣特集を再開させます!今月発売されたNew Album「DIAMOND WAVE」の発売を受けて始めたこの特集も3回目となるのですが、今回は2002年に発売された3rd Album「FAIRY TALE」を取り上げます☆麻衣さんの10代最後の思いがこもったアルバムです!


『FAIRY TALE』 (2002.10.23)

01. Fairy tale 〜my last teenage wish〜
いきなりですが、かなり好きです(*^_^*) このアルバムをまさに物語る1曲です☆
“fairy tale”=“おとぎ話”に麻衣さん自身の10代最後であるが故の不安定な想いが乗せられ、どことなく迷い、不安などの葛藤が現れているようにも思います。その思いは、徳永さんによるなんともいえない独特の浮遊感のあるようなサウンドに乗せられ、主張は強くないながらも徐々に聞き手に迫ってきます!
おとぎ話を絡ませた全体的な雰囲気もそうだけれど、特に“夢を捨てるのが大人ならば なりたくはない”ていう言葉が実に痛い。
さらに言えば、ここから続く徳永さんのコーラスはすごすぎます(^_^;まさか3曲も続くとは!
アルバム1曲目としては本当にお見事です☆\(*^_^*)/


02. Feel fine !
02年4月24日発売の12th singleです!!
この曲も作曲は徳永さん☆このシングルのようなさわやかな夏を感じさせる曲は、むしろ最近の麻衣さんの曲に近いようにも思います。そして、このノリと麻衣さんとのギャップ(?)が実にインパクトがありました!!このころの徳永さんの曲はいろんな意味で麻衣さんを冒険させていたと思います(^_^)その冒険がうまく決まって、麻衣さんに新しいイメージが加わりました!麻衣さんのことをそんなに知らない人でも、「Secret of my heart」とこの曲はよく知られているほどです!
実に心地よくノレる曲ですね(*^_^*)それに、やっぱり徳永さんのコーラスが絶妙です★お見事(*^_^*)


03. Ride on time 
さらにこちらも徳永さんです(^_^)こちらもノレる曲になってます!!男性(というより暁人さん!)とのコーラスでの絡み具合や心地よく決まっています☆
直接おとぎ話には触れていないけれど、“Ride on time ゼロから始めよう”と現実に立ち向かっていこうとする勢いも感じられます。
それに、最後の本編終了後(?)の徳永さんのラップもかなりカッコいい!!それに合わさるようにフェイクを重ねる麻衣さんの歌も見事です☆本当に最後の最後まで楽しめる曲です(*^_^*)


04. key to my heart
“〜my heart”といえば麻衣さんです!?
ここまでの曲が割とメロディの主張が強いものでしたが、こちらはバックのリズムが隅々まで刻まれていてこれが不思議な心地よさを生み出しています☆かなりラップが効果的に使われているのですが、だからといって仰々しく主張するのではなくあくまで麻衣さんのさわやかな歌声を生かすためのエッセンスとして、心地よくリズムを刻んでくれています!


05. Winter Bells
02年1月17日発売の11th singleです。
徳永さんがまたまた冒険をしてしまいました(^_^;切ないのがメインだといってもいいほどだった麻衣さんが楽しそうに歌っています!!冬だからといって切ないのではなく、敢えて楽しげに来たのも当時は驚きでした。確かにあまりにもポップだし、このアルバム全体からしてもちょっとずれてるような気がしないでもないのですが、おとぎ話の一節だとすればこういう場面もありでしょう!(?)最近多いポップな曲のさきがけであったようにも思います。


06. Loving You…
バックのリズムや男声コーラス(徳永さんではありませんね)がかなり心地よく決まっているので、以前に体が揺れてしまいますがメロディーは結構せつなめ。そういった意味では初期の「Love, day after tomorrow」のような雰囲気もあるような気がします(^_^)このアルバムにも見事にマッチしているし、麻衣さんの曲のスタンダードとも言える綺麗なメロディーも抜群に決まっていてなかなかの曲だと思います☆


07. Can't forget your love
01年8月29日発売の10th singleです。
こちらも麻衣さんらしい壮大で、どこか幻想的な夜空を思い浮かべるような曲になっています☆弦楽器も使われており、曲の奥行きも広がっているような気がします(^_^)麻衣さんならではの美しい歌声が美しく響いていて、それに男声コーラスがリズミカルに絡んできてそのハーモニーが美しすぎる★(*^_^*)


08. Trip in the dream
夜の暗闇を駆け抜けいくような疾走感があります☆それに、徳永流といってもいいほど徳永さんらしい重めのビートがじわりじわりと効いてきます!もちろんコーラスも☆
ちょっとはねたようなサビのメロディーが軽やかかつカッコよく決まっていますね(^_^)特に2番の後からがかなり好きで、さらに言えばこちらも本編終わり(?)の詞に書かれていない部分、“sixteen〜”などのくだりの部分は内容と共にそのメロディーの聞き応え抜群です♪
この曲から再び“fairy tale”的な内容のあるフレーズもが続々と登場してきます☆


09. Not that kind a girl
このアルバムで唯一のYOKOさん作曲となりました。ブラックテイスト溢れるR&B調といった感じでしょうか。それでも、初期のちょっと背伸びして大人びていたR&Bとは違って、“10代最後の物語”の色が濃く独特の味が出ているように思います!サビ直前の“子供でも大人でもない 今の私が”はこの曲(さらに言えばアルバム全体)のキーとなるフレーズだと思います8^_^)聞けば聞くほど癖になります☆


10. Like a star in the night
02年8月4日発売の13th singleです!
私の中で麻衣さんの曲に“夜空”のイメージが確立されたのは、この曲です!この時期の麻衣さんが歌うべくしてうたった見事なラブバラードだと思います☆ピアノを軸にしながら、切なくやわらかく響く麻衣さん独自の歌声はこういう曲にこそぴったりだと思います♪
そして、やっぱり注目してしまうのは2番後の間奏のあと、“You will cange my darkness fear to the right”のフレーズです!!ここだけ演奏はすべて止まり、麻衣さんの歌声だけに。曲中で“肉声”が聞けるのは貴重かもしれません☆何度聞いてもこのフレーズには引き込まれてしまいます★


11. 不思議の国
不思議な歌です(←決して悪い意味ではありません^_^;)
その不思議さは、楽しいようでちょっと切ない感じもするメロディであったり、「不思議の国のアリス」を思わせる“おとぎ話”的な詞だったりと、楽しいんだけれど決してお遊びではない独特な雰囲気のなせる業です☆一度聞くだけだと、“変な曲”に聞こえるかもしれないけれど、この「FAIRY TALE」というアルバムにおいては非常に重要です!私はひとつの決まった解釈をし続けようとは思っていないのではっきり意味を聞かれると困るのですが、とにかく「Let's go now!」なんです!!アルバム1曲目で始まった不思議の国の旅を通してあるひとつの答えを見つけられたのかな、なんて思ったりもします。
切なかったり、楽しかったり、ノリノリだったりといろんな要素が詰まった不思議な魅力のある1曲です(*^_^*)


12. fantasy
最後はやはりじっくりと決めてくれました!アコギ中心のシンプルな音はどこか幻想的で、それに乗る麻衣さんの歌声も優しく透明に響いています☆
曲の雰囲気からすると、前曲までで答えを見つけた主人公が、再び現実に戻っていくような気がします。聞いている私も、ほっと一安心でまた明日から現実でがんばれそうになる1曲です☆


今作はいつも以上に“アルバムって何だろう”と考えさせられました。とにかく10曲ぐらい曲を集めれば形にはなるかもしれないけれど、でもそれでは何かが足りない。やはり、アルバムには全体をつなぐ鍵は必要なようです。今作では“fairy tale”という言葉に見事に凝縮されているのですが、やっぱりアルバムタイトルって大切ですね(^_^)そういう意味では、非常によくできたアルバムだと思います☆

今回麻衣さんの特集を始めようと思ったのは、「DIAMOND WAVE」発売を受け、さらには以前リクエストまで頂いたというのが理由のひとつでもあります。それと同時にこのアルバムを自分が“10代最後”でいられる今のうちにもう一度じっくり聞いてみたいという思いもあったのです(^_^)改めて聞いてみると、やはり結構意味の深いことを歌っていると感じられました。逃げだといわれればそうかもしれませんが、私も“夢を捨てるのが大人ならば なりたくはない”です。

アルバム全体の雰囲気ももちろん好きなのですが、それは個々の曲の魅力があってこそです!その魅力を出すほどの曲がたくさん詰まっているとも言えそうです☆個人的には、徳永さんの作曲&コーラスの出番が非常に多くて(しかも、徳永さんの曲が結構鍵を握っている!)その点でも大満足です!!

この後、もちろん麻衣さん自身は大人になっていくのですが、その中で私が麻衣さんの代表曲だと言い張る(?)名バラードも登場し、曲の幅も次第に広がっていきます!
ということで、次回は4th Album「If I Believe」を取り上げます。




FAIRY TALE
FAIRY TALE

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
倉木麻衣特集4 「If I Believe」
New Album「DIAMOND WAVE」に刺激されて始めたこの倉木麻衣特集を今回もを続けます!今日は、03年7月29日に発売された4th Album「If I Believe」とBest Abum「Wish You The Best」を取り上げます☆ついに、私の大好きな名バラードも登場します☆ ...続きを見る
AZUKi 17の Music&Life
2010/06/16 09:12
「DIAMOND WAVE」
お待たせしました!これまで続けてきた倉木麻衣特集の最後に、最新アルバム「DAIMOND WAVE」を取り上げます☆夏らしいけれどそれだけじゃない、今の麻衣さんの魅力が詰まったアルバムになってます(^_^) ...続きを見る
AZUKi 17の Music&Life
2010/06/16 09:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「Feel fine !」は,当時はあまり音楽に興味がなかった私が「倉木 麻衣」という人の存在を初めて知った曲だったりします(^^;)
あのCMで歌声と顔を同時に知り,ちょっと気になったんです♪
国仲 涼太
URL
2006/08/27 23:39
>国仲 涼太さん
確かにあのCMはインパクトがありましたね(^_^)私も最初から麻衣さんをずっと支持し続けていたわけではないのですが、この「Feel fine!」にハマって再び夢中になれました☆
AZUKI 17
2006/08/28 00:22
アルバム自体にテーマがあり、
1つのストーリーになっていますね。

この中では『key to my heart』が大好きです。
幻想的なメロディ…
スローからミディアムにテンポアップ。
聴いていて、ふんわりとした気分になります。

後半、英詩の部分がありますが、
カラオケで歌って玉砕しました^^;
でり
URL
2006/08/29 01:44
>でりさん
「ket to my heart」は聞いている分には心地よくて私も好きなのですが、歌うとなると難しいですね(^_^;
改めて麻衣さんの凄さが分かります!
AZUKI 17
2006/08/29 17:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
倉木麻衣特集3「FAIRY TALE」 azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる