azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS TRYING FOR THE 「FRONTIER」

<<   作成日時 : 2009/08/29 00:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

明日から、、いよいよdoaのライブツアー「doa LIVE Tour 2009 FRONTIER」が始まります!
せっかくなので、最新アルバム『FRONTIER』についてタイトル曲でもある「FRONTIER」を中心に感想書いてみたいと思います♪


ただ、今回はタイトル曲「FRONTIER」だけにさせてもらいます。理由は、全曲は書ききれないから(^^ゞ後でも書くけれど、ぱっと聞いてぱっと気に入るタイプばかりではない気がするので、とりあえずタイトル曲だけで。そのうち、全曲も感想書きたいと思います。

そのかわり、この一曲について思ったことや連想したこと、今後のライブに向けて自分なりに思うことetcをたくさん書くつもりなので、結構長くなります(汗)
こんな日記につきあっている暇はない!という場合は、曲の感想まで(PVをアップしたところまで)でもとりあえずはOKです。そのあとは、勝手に突っ走ります(笑)


「FRONTIER」
作詞:大田紳一郎  作曲・編曲:徳永暁人


アルバム『FRONTIER』のタイトル曲でもあり、今回のアルバムの中でもやはり核になるナンバーです。こういうタイトルなどの形式的な意味だけでなく、実質的な音そのものも、このアルバムを象徴しているように思えます。
メロディは、重すぎず軽すぎずちょうど聴きやすい“柔らかさ”を持っているように思います。爽やかに聞くこともできるけれど、芯もある、非常に聴きやすいメロディです。テンポもゆっくりすぎず、かつ駆け足過ぎず、一つ一つの音や言葉を伝えるのに十分な早さです。


実際タイトル曲だけあって、このアルバムの中でも特に聴きやすい曲です♪ここから“シングルカット”などをしても十分いけます!場合によっては、single「365のダイヤモンド」よりも聴きやすいかもしれません(?)
大げさにいえば、“これが、今のdoa”なのかもしれません!
doaらしい、男声三人の心地よいハーモニーの具合は、さすがです☆作品を重ねるごとに味が出てきているように思います。
ハーモニーといっても、3人がずっと重なり合うというよりは、むしろ効果的に“役割分担”もできています。
冒頭からのやや低めのメロディ部分はどこか愁いのある歌声が魅力の徳永暁人さんがleadし、サビからは力のある吉本大樹さんのleadに変わります。そして、大田さんのまっすぐなハイトーンと再び今度は力のこもった徳永さんの歌声が重なります♪

作詞は、大田紳一郎さん。
大田さんの作詞は、これまでの曲からしても、実は3人のなかで一番“描き方がうまい”と思っています。その大田さんの作詞ということもあって、本当にうまく描けているように思います。

内容としては、メンバー自身が「最前線にいる大人たちへの応援歌」と紹介するように。
“これまでも頑張ってきたけれど、まだまだこんなものじゃない。もがいてでも、もっと前を見て進んでいきたい。”
といったような思いが伝わってくる気がします。

“大人たちへの〜”とは言うけれど、未熟な自分なんかでも実は十分に感じ入るものがあります。それだけ誰に対してもメッセージ性の強い内容になっているのではないかと思います。
具体的にどこが?といわれると、本当に歌詞を全部引用してしまいそうです(汗)
なので、とりあえずサビかな?と思います。
今日の日記タイトルも、サビで何度も繰り返されるフレーズ「TRYING FOR THE FRONTIER」から取っています。
あと、個人的に今印象深いのは、大樹さんの後にサビで徳永さん&大田さんが二人で
「追いかけて 追いかけて また失って」と重ねる部分です。この部分にグッときます(>_<)



というわけで、収拾がつかなくなるので(?)ここで試しにPVをどうぞ!







(ここから、曲そのものの感想からは離れ、話を広げます!)
今改めてPVを見て、徳ちゃんのつぶらな瞳☆に感動してしまったのは自分だけでしょうか(笑)

と、こんな感じで、doaの話をするときはいつも徳永さんを取り上げてしまいます(・・
本当は、doaはもちろんのこと、徳永さんの「doa以外」(最近は「doa以前」)も気になっていしまうリスナーです。。
それもそのはず。自分がかつて気に入っていた曲に、「実は徳永さんがかかわっていた!」という事実が、「doaを知った」ことをきっかけに次々と発覚してきました(*_*)
点と点がつながって線になっていく、そんな感覚です。

でも、これはdoaのナンバー!!(^_^)/
実際、doaではない時の徳永さんへの特別な尊敬などがなくとも(?)、doa3人のナンバーとして本当に気に入りました♪

今回の「FRONTIER」は、PVと併せて聞くと効果は抜群です!!
実際のライブでは屋内で歌うことになると思いますが、本当にPVのような大自然の中でただ3人の歌声を聴いていたい。。そんな気持ちになります。
特にサビ「大空に向かって歌い放つ」3人の絵は、なんかじんわりとくるものがあります。徳永さん大田さんの「追いかけて追いかけて〜」がまた特に。

↓(ここからは、ちょっとした番外編?)
メンバーが「大人たちへの応援歌」と言ったのであんまり意味はないかも知れませんが、実は個人的には
「友情」
というものも感じていました。
友情といっても、共に何かを共有してきた強い仲間意識のような感じでしょうか?

ここ完全な想像なのだけれど、PVでたき火を囲むシーンなどから、よくあるゲームのRPG(ロールプレイングゲーム)の一場面を思い出しました。(意外かもしれないけれど、一時期有名なゲームだけはやっていたことがあります!)
なんというか、これまで数々の試練を乗り越えてきた戦友が、大きな決戦を前に語り合う。そんなシーンも思い浮かべました。
(実際、本当にそういうRPGの場面がありました。)
これも、結局「最前線で戦う大人」にも通じるのかもしれません。

もうひとつ、これに関連して、
“たとえこれから何があっても、この気持ちは・この思いは変わらない”
こんなことをうたっているようにも思えました。

「季節が巡って 街の色がどんなに変わっても あのころの気持ちは変わらない」

ニュアンスは違うかもしれないけれど、なぜか、07年のsingle「はるかぜ」のこの一節が頭に浮かびました♪


最後にちょこっとだけ、アルバム全体の話を。
実は、他の曲はぱっと聞きにくい?とっつきにくい?印象を持たれてしまうかもしれません。流行にも乗っていません。でもそれは、いつものこと?doaらしさを貫いた結果、なのかもしれません!

俗に「スルメ」といわれるタイプのものなのかもしれません。聞けば聞くほど深く楽しむことができる、といったような。
でも、いくら噛めば噛むほど味わいが出ると言われても、そもそも「イカ」が苦手な人には意味がありません(^_^;)
本人たちは、それは承知でこれまでずっとやってきたと思われるし、今後もそうやっていくのではないかと思います。いや、今後もらしさを失ってほしくはありません!

もし、見た目だけの「食わず嫌い」だったら、それはもったいないです!味も知って本当に口に合わないのだったら、、どうしよう(笑)



そして、明日からいよいよライブツアーが始まります!!
まずは、小さめの会場から始まり、最後にはこれまでのdoaからすれば大きめの会場でのライブとなります。

ここまでたくさん書いてしまったけれど、本当にdoaの3人が伝えたいことは、やっぱりライブを通じて見えてくる気がします。
今日取り上げた「FRONTIER」も、どのような流れでどのように歌われるのかにも注目したいです♪

そんなわけで、今のところライブは、
9/2 名古屋、10/25 大阪に参加予定です♪行けるならもっと行きたいです!!

興味のある方は、10月終盤の東京・大阪公演はまだ席が空いているようなので、ぜひ。

※まさか、1曲だけでこんなに書くとは(*_*)
「AZUKiさんのブログといえば、冷静だけど情熱的な?曲の感想がメイン!」とよく言われたこともありましたが、こんなにしっかり書いたのは久しぶりです。ちょっとムキになりました(^^ゞ
やっぱり、今日は最初からタイトル曲だけに絞っておいてよかったです(笑)



FRONTIER
GIZA
2009-08-12
doa

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TRYING FOR THE 「FRONTIER」 azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる