azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS ZARDを支えたmusician (番外編)

<<   作成日時 : 2011/06/01 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

5/29、グランキューブ大阪でのZARD 20周年記念のLIVE
「ZARD What a beautiful memory 〜forever you〜」に行ってきました!
その感想の、番外編から始めます(笑)


いきなり、バンドメンバー、ゲストの話からです( ̄ー ̄)


というのも、
Vocal坂井泉水さんが亡くなってしまった今、
せっかくのLIVEの機会なら生で起きている出来ことに注目したいし。

それ以上に、生演奏の力。ZARDサウンドを支えるバンドの力。
をかなり強く感じてきたからです



------

基本的には、坂井泉水さんの歌声に合わせて“サポートミュージシャン”が演奏をする形で、
曲によってはMCの方の紹介が入って、“ゲストミュージシャン”も登場しました!




サポートミュージシャンはこのような顔ぶれでした
(順不動。敬称略)

大賀好修 (guitar)
鶴澤夢人 (guitar)
岡本仁志(GARNET CROW) (guitar)
麻井寛史 (bass)
山口篤 (drums)
車谷啓介 (drums)
大楠勇蔵 (keyboard)
鈴木央紹(sax)
大田紳一郎(acoustic guitar & chorus)
岡崎雪 (chorus)
大藪拓 (manipulator)


・・・わかる方にはわかるかもしれませんが(笑)これだけでも実はかなり豪華です☆

特にguitar大賀好修さん
バンド全体を引っ張る活躍ぶりであったように思います。
相変わらず、笑顔で楽しそうに弾かれます(笑)

それに、おかもっち!!(GARNET CROWの岡本仁志さん)
特にソロパートがあるわけでもなく、そんなに目立ったわけでもない気がするけれど(汗)
じっくり見てきました(^_^)


そして、、
大田紳一郎さん!!

ステージの右奥、一番後ろにちょこんと座ってられました
ただ、chorusでの存在感は抜群でした!!完璧です(*_*)

「果てしない夢を」での“to my heart〜♪”“in my heart〜♪”
などなど。コーラスではガンガン声が響いてました(^_^)/

曲によっては、特にアコギのパートや、コーラスが目立つスポットライトが当たっていて
素直にかっこいいと思いました。
さすがです。。

saxも毎回いい味を出していて、percussionが二人もいるおかげで、リズム隊もかなり充実していました。



-----

これだけでも素晴らしいのに、

さらに「ゲストミュージシャン5人」
がそれぞれ関わりのある曲のときに登場されました(^_^)v
(登場順)


1.綿貫正顕 (guitar)
2.浅岡雄也 (元FIELD OF VIEW vocal)
3.徳永暁人 (bass and chorus)
4.大野愛果 (chorus)
5.葉山たけし (guitar)



・・・これでもっとすごいことになりました(*^_^*)


1.綿貫正顕さん

ZARDの「GOOD DAY」を作曲されました。
実は、かなり気にいっているギタリストです!

ZARDには似つかわしくない?、ハードでビジュアル系(?)な見た目。
ボリュームロングヘアーで、ドレス(?)のような黒の衣装をまとい。
爪も黒く、フライングVを持って、ちょっと怪しげな雰囲気。
ここまで言うとほめていないように感じられそうですが、大好きなギタリストです(^_^)

初めて生で見られました。感激です(*_*)
でも、よく見ると顔がきれい☆高校のときの女の先輩に似ています(笑)


その綿貫さんのギターが冴えに冴える、泉水さんのvocalが熱い、
情熱系のナンバー「GOOD DAY」

実は一二を争うぐらい好きな曲なのに、、なかなか日の目を見なかった気がします(汗)
その「GOOD DAY」が、綿貫さん本人のguitarで聞けて、本当に感激でした
シビレてきました。



2.浅岡雄也さん

FIELD OF VIEWの「突然」「DAN DAN 心惹かれてく」「君がいたから」
の作詞をしたのは、坂井泉水さんです。

そのFIELD OF VIEWのvocal浅岡雄也さんが登場しました!


久しぶりに見た雄也さんは、とにかくさわやかで、可愛かった(笑)
歌っていないときの口ずさむ様子、詞にあわせて軽く入るジェスチャーも、
やっぱり可愛かった(笑)


ゲスト出演ということで、もちろん坂井泉水さんの歌声との共演なのですが。
あえて、雄也さんが下や上の“ハモリパート”を歌うなど、同じ曲でも全く飽きさせない構成でした。
とにかくこの“二人の歌声”に惹かれました♪

Twitterの発言のせいで、嫌いになりかけていましたが。。
実物を見て、再び熱が戻ってきました(笑)




3.徳永暁人さん

・・・・・感涙(><)
言うことなしです。

とにかく、この方を是非ZARDのLIVEで見たかった。
実は、doaのときより嬉しいです( ̄ー ̄)
とっくにバレてますが、一番思い入れの強いmusicianです。

特に「ZARD×徳永さん」
には、かなりの思い入れがあります。




その徳永さんは、泉水さんについて

“作曲やアレンジに非常にこだわり持っている方
アレンジの一音一音にこだわりを持って、妥協しない方。
僕が仕事をもらったばかりのときで、勉強になりました。

ZARDの曲は“あったかさ”があると思います。
この“あったかさ”は色あせないものだと思います。”

と語っていました。


演奏は
「風が通り抜ける街へ」
ステージの雰囲気が変わって、華やかになりました☆
楽しそう!!


「今日はゆっくり話そう」
“あったかさ”を感じられるサウンドに、ドクドクと刻まれるBassもgood。
間奏部分
“who who who who who〜〜〜”と歌われる彼のコーラスに強さがあって、
シビレてきました(~~__~~)

徳永さん大田さん岡崎さんの三人(ooa?)のコーラスが、ホールじゅういっぱいにきれいに響いていたのが印象的でした
今後も、ぜひこの3人の歌声が聞きたいです。


そして、代表曲
「永遠」
・・・これを待ってましたm(_ _)m泣きました。
ZARDの徳永さんの曲の中では自慢できるぐらい好きな曲です


間奏部分
“wo〜
fallin love we've got to love
who woh〜
lasting love, everlasting love...
eternally・・・

のコーラスが本当に伸びやかにきれいに決まっていて、感動でした。





この5人のゲストの方々は、曲によって出たり入ったりだったのですが。

最後アンコールの時には、「全員集合」!!


このアンコールのとき、
よく思えば、一つのステージにguitarが6人
bass麻井さんに徳永さんの2人!!(ツインベース・・)

“絶景”だったように思います(*~_~*)

さすがZARDです。とにかく、これだけのメンバーに支えられたバンドサウンドは、最高でした。





---

次こそはZARDのLIVEらしく、ZARDの曲そのものに注目した感想を書ければと思っています(笑)


永遠
株式会社ビーグラム
1999-02-17
ZARD


Amazonアソシエイト by 永遠 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ZARD Request Best-beautiful memory-(DVD付)
B-GRAM RECORDS(J)(M)
2008-01-23
ZARD


Amazonアソシエイト by ZARD Request Best-beautiful memory-(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




永遠
株式会社ビーグラム
1997-08-20
ZARD


Amazonアソシエイト by 永遠 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ZARD "What a beautiful memory 〜forever you〜"
5/29グランキューブ大阪でのZARD最後のLIVE「ZARD "What a beautiful memory 〜forever you〜"」に行ってきました。 今回は、LIVEの流れを一通り振り返りながらの感想です♪締めくくります! ...続きを見る
AZUKi 17の Music&Life
2011/06/08 00:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ZARDを支えたmusician (番外編) azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる