azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳永暁人ソロライブ 「Route 109 vol.1」@大阪

<<   作成日時 : 2011/10/18 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

待望の!徳永暁人さん初のソロライブ「Route 109 vol.1」@大阪 hills パン工場に行ってきました♪
本気で念願であった徳永さんのソロライブ。その感想です!!





※東京公演のネタバレになりえます。。







画像



-----------------------




「Route 109 vol.1 @大阪 hills パン工場」


01.Route 66 ←歌詞がTokunaga Tripに(^_^)
02.Take it easy (Eagles)

(Gt.森本さん登場)
(アコースティックベースに持ち替え)
03.Change the world (エリック・クラプトン)
04.地球の中で二人っきり (doa)


05.Stand up (倉木麻衣)
(※2日目は 「Feel fine!」)
(ピアノの席に座り、単独で)
06.永遠 (ZARD)

(Cho.岡崎雪さん登場)
07.Close to you  (Carpenters)
08.365のダイヤモンド (doa)
09.You've got a friend (キャロル・キング)

10.まわり道 (未発表曲)
11.大人ラプソディ (doa)

12:Imagine(doa)
13:ハレ(doa)


[Encore]
14:手紙(doa)

(大樹さん(2日目は大田さん)登場!)
15:We are one(doa)





----------

・スタート

やっぱり、思っていた通り洋楽のカバーからのスタートでした。
あ〜なるほど、というスタート(^_^)
アコベに持ち替えた後の、「Change the world」
“Change the world〜〜♪”とサビでのファルセットが心地よく決まっていて・・

こういう歌声が聞きたかったんです!



順番は不確かですが、最初はこんな感じのMCでした。

MC:
「Route 109へようこそ!」
「ボクね、LIVEではよく、股開いて(笑)エレキベースをかついでやってますけど(笑)
家では普段こんな感じなんですよ〜。
アコギずーっっと弾いて、友達の前でず〜っと歌って♪」

「今日は、家で聞いているような雰囲気で楽しんでいただけたらと思っております!」





・セルフカバー 「Stand Up」 (倉木麻衣)

MC
「ここで、セルフカバーをやろうかなと思って。

作曲家として、20代からいろいろ提供させてもらってて。
提供曲を他の方に渡すとき
じゃあ、女性のアーティストに渡すときどうするの?という話になると思うんですけど。

・・・裏声で歌ってるんですよ(*~_~*)
実はデモテープ裏声で、マジなんだよこれ!(笑)」

「もともと、倉木麻衣さんに提供するつもりで書いた曲ではなかったんですよ。」
前のほうのお客さんは座ってもらってますが(^_^;;座ったまま聞いてください!




待ってました!!セルフカバー!!
「Stand Up」

“R&Bの歌姫が、アメリカンなロックに!?”と発表されたころは話題になったこの曲。
「Feel fine!」と並んで倉木麻衣さんの代表曲でもあって、徳永さんの提供曲のなかでも代表曲。当然思い入れが強いです!


いつもCDでは徳永さんの“後追いのコーラス”部分を重点的に聞いてきましたが(笑)
今日は、徳永さんの歌声がメイン(*_*)
こっそりと、心の中で追っかけコーラスを歌わせてもらいました( ̄ー ̄)






・セルフカバー 「永遠」 (ZARD)

MC
「ZARDが今年20周年ということで、メモリアルライブに呼んでもらって。
思い出に残る経験をさせていただきました。」

「言いたいことはいっぱいあるけど、僕はこの曲を歌いたいと思います。」
「一番心に残っている曲です」




ついに、ついに。。
念願の、ZARDの曲のセルフカバー(>_<)
しかも、「永遠」!!
これを徳永さんが、一人でピアノ弾き語り!!
感動です(*_*)軽く泣いてきました・・・


自分としてはこれが一番待ち望んでいた演奏。もう何年待ち望んだことか。
特にこの「永遠」は、かなり思い入れが強いのです。


B'zのサポートはもちろん。ZARD・倉木麻衣さんetcに多数ヒット曲を提供してきた、実力派musician。
いい歌声。しかも、カッコいい(笑)

それぞればらばらには知ってましたが、
これらの“点と点”が自分の頭の中で“線”になってつながったきっかけは、doaのスタートでした。。
doaをきっかけに、徳永さんのキャリアをさらに遡って。ますますはまり( ̄ー ̄)

でも、doaをやっている以上は、doaではない徳永さんを見るのは難しそう・・
と長い間歯がゆい思いもしてきました。
・・・と、思い出話は尽きません(笑)



大げさに言えば、これまで一番望んでいた理想的な演奏(*^_^*)/
もう、この後はどうなってもいいかと思ってしまいました(>_<)







・岡崎雪さん登場で

“Route 109”ということで、自分のルーツを振り返ってみると。
初めて買ったレコードは郷ひろみさんの「誘われてフラメンコ」
“誘われて〜フラフラ〜”←郷ひろみを一瞬物まね( ̄ー ̄)

洋楽では、なぜか夜の大人の恋愛のドラマの挿入歌になっていた(夜にお母さんと一緒に見ていたマセガキだったという^^;)
カーペンターズの「Close to you」

岡崎雪さんと、本物のカーペンターズを思わせる“兄妹”のような息の合った心地よい演奏♪
雪さんを暖かく見守る、兄のような徳永さん。このときの楽しそうな表情が印象的でした(^_^)




・未発表曲!!「まわり道」

唐突に?
MC「次は未発表曲をやりたいと思います」

・・(*_*)驚きました。


森本さんと徳永さんのアコギ&アコベで、じっくりと。

徳永さんのバラード曲らしいメロディー♪
A・Bメロは、語りかけるかのようにメロディーを細かく言葉を詰めて。そして、サビで跳躍!して大らかにと。
“回り道でもいい〜さ、もう少し歩くよ”
こういうしみじみと日常を思うような趣のある雰囲気が、この日のこのときの徳永さんの歌声にぴったりでした(*_*)



・「大人ラプソディ」

ここで、、来ました(*^_^*)「大人ラプソディ」
アコースティックでのこの曲も、また味があってよかった( ̄ー ̄)


元のアレンジとは違って、サビ終わりは
“負け犬なんかじゃ、、ねえぞ”
とちょっと言い捨てるかのように歌われておりました。

“未来の大人がこっちを向いてるぞ〜〜〜〜”
と、ロングトーン

そして、最後。
“大人のバカヤロっ、大人のバカヤロっ!オトナノバカヤロっ!!”


オリジナルよりもパワーアップしてました(*_*)





終盤

こんな印象的なことを語っていました
MC
「今日は「Route 109」というタイトルでライブをやってきましたが。
いろんなrouteがあっていいと思うんです。

Route 山田さん、Route 高橋さんだったり。。みんな違う道、いろんな道があったっていい。
人の道に沿っていかなくてもいい。ずっと進まなくても、たまに歩いたり立ち止まったり戻ったりしてもいいと思うんです。

今日は、僕のRoute 109と皆さんそれぞれのRouteが偶然交わった
交差点のような日。・・交差点パーティーです(笑)

また重なったときが来たら、また皆さんで会いましょう!
また「vol.2」やっていい??
やりたいこと、まだまだいっぱいあるんですよ(笑)








・アンコール 「手紙」

何も言わずそのままピアノの席に座り。。
「手紙」


「Prime Garden」に収録されている、徳永さんメインの名曲。
なかなか演奏されず、いつかいつかと待ち望んでおりました。

ピアノと自信の歌声だけのシンプルな演奏で、じっくりと歌ってくれました。
これも一度ぜひ聞きたかった!!








------------

あれだけ、毎日のように「徳永徳永」と言っている自分のことだから、相当待ち焦がれていたように思われているかもしれません。
・・・その通りです(笑)

今まで、いろいろ音楽を聴いて、LIVEを楽しんで、感想を書いて。
いろいろやってきましたが。
doaでもなく
「徳永暁人さんのソロライブ」
が一番の望みでした。


いよいよ40歳になった徳永さん
「かといって、何も変わらない。
“急に背中にぽ〜んと羽が生えたりするるわけでもない(笑)”」

とご自身でもおっしゃっていたように(笑)
そんなに急に何か新しくなるわけでもありません。


ライブ全体がかなり、「まったり」していたように感じました。
今のdoaらしい、doaのとき以上の暖かい空気だったのかもしれません。
徳永さんも、素で話しかけて、素で笑って。自然体であったように思います☆)
(こういうのがまたカッコいいんです^^)

“初のソロライブ!”
と言って気負ったりするのではなくて。
普段着、いつもの徳永さんの部屋での音楽をそのままステージに持ってきてくれたような。
柔らかくて暖かい空間です(^_^)/
こういうライブを待ち望んでおりました!!



それでも実は完璧に満足したというわけでもありません。
さすがに何年もの間(勝手に^^;)待ち焦がれていた期待に一晩で応えるのは・・
誰だって無理です!!
もっと歌ってほしい曲もあります。時間も短めで、やはり物足りなくも感じました。

本音を言えば、もっとBassをかき鳴らしてほしかった!
“凄い・・・”と思える場面がもっとほしかった!!
エレキベースもちょっとは聞きたかった(・・;)
ライブって、そんなに毎回トークでお客さんを笑わせなければいけない?
ゲストを抑えてでも、もっと一人で突っ走ってほしかった(笑)
・・・etc
思い入れが強い故にか、まあいろいろ思うのです( ̄ー ̄)


それでも、はじめから終わりまで
とにかく徳永さんの歌声・演奏が楽しめる、この機会(*_*)
感謝ですm(_ _)m

満足はしたけれど、これで終わりじゃないです( ̄ー ̄)
この後にも期待です!!



Stand Up
GIZA studio
2001-04-18
倉木麻衣


Amazonアソシエイト by Stand Up の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Feel fine!
GIZA studio
2002-04-24
倉木麻衣


Amazonアソシエイト by Feel fine! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



永遠
株式会社ビーグラム
1999-02-17
ZARD


Amazonアソシエイト by 永遠 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Prime Garden
GIZA(J)(M)
2008-11-19
doa


Amazonアソシエイト by Prime Garden の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徳永暁人ソロライブ 「Route 109 vol.1」@大阪 azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる