azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS hillsパン工場 スペシャル3DAYS!(doa、WAR-ED)

<<   作成日時 : 2012/02/16 12:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「GIZA studio presents hillsパン工場 スペシャル3DAYS」のうち二日間、LIVEに行ってきました(^_^)v特に2日目の2/11には。WAR-ED、そしてdoaが出演しました♪
思い入れがあまりにも強いdoaの出演とあって、張り切って行ってきました(^_^)v


画像





一組目は、WAR-ED!!
前々から気になっていたバンド。今回初めて生で聞くチャンスとなりました。


多くの曲の作曲編曲や作詞までもを、徳永暁人さんが手がけてます。
なので、どこかで聞いたことあるようなメロディー、フレーズがたくさん(笑)

メンバー二人、vocal 山下さん guitar鶴澤さんの力強さ・勢い!を
をサポートに入った車谷さんのdrums& 麻井さんのBassがしっかり支える。
・・・よいです♪
勢いや力強さは、この後のdoaよりもかなりありました!!聞き応えがかなりありました。
でも、出演時間が40分もなく、かわいそうなほど短すぎ(^_^;また聞きたいです(^^)v


------

そして、、いよいよdoa


doaの3人がパン工場のステージに横一線に並んで立つ姿。。
これを見ているだけで、感慨深いものがあります。。



特に今回は、自分にとってはかなりよい整理番号だったこともあり、
3人の姿がより大きく感じられたように思います。この姿を待ち望んでいました!
ステージに徳永さんが下りてくるまで、音を出すまでの“緊張感”が今回は半端なかったです(汗)
徳永さん側にもちろんいたのですが(笑)・・・上から下まで、全部ばっちり見られました(^_^)v


・カバーからのスタート

洋楽カバー「OHIO」から始まる展開。さすが。doaらしい渋いスタートです。
3人の歌声、さらに徳永さんのBassに、ずっしりと重みを感じられました。

続いて、同じ空気を保ったままでの1st singl
・「火ノ鳥のように」
原点のカバーに始まり、1st singleと。
“もしかして、デビュー曲から順にやっていくのかも?”と一瞬思いましたが、そうでもなく(^_^;

大樹さんのMCが入り、カラッとした「Take it Easy」
意外と早く、ここ最近のdoaの空気に戻りました(笑)まあ、これもdoaのスタンダード。
と思っていたら、


「DANCE WITH LIFE 〜強がりのがんばリーマン〜」

実はかなり好きな曲の一つ!そして、サブタイトルがなんか惜しい曲(笑)
マイナーだけれど、跳ねたようた独特のメロディーや“Hah〜”と心地よく重なる3声がじっくり楽しめます♪
生で聞けたのは久しぶりで、個人的にはかなり嬉しかった(*^_^*)/


間をおかずに、
「ゼロの気持ち」

これも是非聞きたかった(^_^)v
実は、doaを本気で“凄い”と思ったのはこの曲がきっかけです。
ちょっとファンクでワイルドあったり、気だるさもあったりと。とろけます(*_*)
もちろん、大田さんのハイトーンはこの日も絶好調(^_^)/



歌い終わって、徳永さんが真ん中に!

・徳永さんMC

“今日は「男だらけの3日間」(笑)に呼んでくださって、ありがとうございます”
“みんなのいい顔を見ていると、ビシバシきちゃって、、キュンキュンきてますよ!!”
(一瞬、稲葉氏が乗り移る??^^)
“「音楽ぜって〜やめね〜ぞ!」という気持ちにさせてくれます!”
“(新メンバーを募集している最中ですが)何があっても、俺らは俺らだし^^”“これからもよろしく”


「心のリズム飛び散るバラフライ」
ほぼ歌うとは思ってましたが、やっぱり(^_^)
いろいろな機会に、いろいろな形で聞いてきましたが、
doaのバンドスタイルで聞くのはちょっと久しぶりかもしません。


間をおかずに

SALMON JUMP

これも、ちょっとマイナーだけれどかなり好きな曲♪
大田さんのmain vocalが本当に冴えてました(>_<)



最近のdoaらしいナンバー「笑うが勝ちや」「ノーコントロール」が続きます。
途中、サポートギター森本さんが
“guitar TAK MORIMOTO〜!!”と紹介され、
ついにあの世界的ギタリストと同じ“TAK”の愛称に(笑)



さあ・・・
徳永さんの、(最近のことを思えば若干あっさりめの?)チョッパーから始まる
「英雄」

この「英雄」。
前回のホールライブやプレライブで、とんでもないことになった(笑)思い出の曲です。
あの時の、徳永さんのバッキバキのチョッパー!
それに“we will we will 英雄!!”
は一生忘れられない(>_<)

そういう演奏を思えば、割とスタンダードな英雄だったかと思います。でも、ちょっと久しぶりに聞けた気がしてOKです。



・We are one
イベントライブなのでもしかして難しいかも?と思ってましたが、しっかりアンコールもありました(^_^)v



[2012.2.11] Hills パン工場

1.OHIO
2.火ノ鳥のように
3.Take it Easy
4.DANCE WITH LIFE 〜強がりのがんばリーマン〜
5.ゼロの気持ち

(徳永さんMC)
6.心のリズム飛び散るバタフライ
7.SALMON JUMP

8.笑うが勝ちや
9.ノーコントロール

(徳永さんのBassチョッパーからの)
10.英雄

Encore
We are one



---------

3日間の合同イベントの出演者のうちの一つで、doa自身のLIVEでないこともあってか、
選曲も、本当にスタンダードだったように思います。
スタンダードにdoaらしさのある曲が並び、その中でもそれぞれのメンバーの持ち味が生きた曲もあり、
ちょっと短めの時間の中にもいろいろ詰まってました。

スタンダードからはちょっと逸れたような?曲
「DANCE WITH LIFE」「SALMON JUMP」なんかが個人的にはかなり好きなこともあり、
う〜んとうなってきました(>_<)


けれど、今まで経験してきたdoaのLIVEのことを思えば、実はなんとなく物足りなさ?を感じもしました(^_^;
なんなんだろう?上手くいえないのがもどかしいのですが。

なんとなく、メンバー自身も、これが全て・これがベストとは感じていないような。
やっぱり昨年のホールライブは大きな区切りだったのか。
良く言えば、今のこのLIVEだけでなく今後の動きについて“もっと前を見ている”ようにも感じられました。
昨年11月の“重大発表”の影響は、やはりかなり大きいのです(^_^;;

個人的には、徳永さんが(40歳になってから?)doaだけでなくもっと大きなものを背負っているようにも感じられます。バンドのリーダーにとどまらず、レーベルのリーダーになってきているように思われます。
関係ないですが、もともとやせているのが最近さらにやせているような^^;?


doaは今後どうなるのか?
不安な真っ只中に、doaとしてのLIVE出演!知ったときは本当に驚きました(*_*)
見られてよかった♪

個々にも活動があって、メンバーにも変化がありそうで、、
doaとしても100%ではないようにも感じられたりと、いろいろある中でも。
それでもdoaもやっぱりいい!!と改めて感じられたLIVEでした(^_^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
hillsパン工場 スペシャル3DAYS!(doa、WAR-ED) azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる