azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS Route 109 vol.3 @六本木STB♪

<<   作成日時 : 2012/11/01 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

徳永暁人さんソロライブ「Route 109 vol.3」最終日、東京@六本木STB公演に行ってきました!!
今回のRoute 109 vol.3、最後の最後までじっくり楽しませてもらいましたm(_ _)mせっかくの思い出、自分なりに振り返ってみます♪



この10月、
10/9(徳の日♪)の大阪Hills パン工場から始まって、この日まで。
ソロライブツアーのように、東西南北でライブがありました。

こちらも、実は今回はかなり存分に楽しませてもらいましたが(笑)
この日がファイナル。。楽しみだけれど、寂しくもありました・・・
だからこそ、思い切って楽しんできました(^_^)/

$azuki17♪の音楽と日々



倉木麻衣さんからもお祝い★

azuki17♪の音楽と日々





-------------------------------------------------

・シャツで、pianoにマンドリンに

チェック柄のシャツにジーンズのラフな格好で、
シャツは腕まくりをしながら、
時々もじゃもじゃのあの頭をかきながら(^_^)
ピアノを弾くときは、ステージから見て徳永さんの横顔、横向きの姿が見られるのが
なんか、今回のLIVEの象徴的な姿だな〜なんて思ってます。


ベーシストの徳永さんなのにBassには一切触れず(笑)
(ベースを持ってきてもいないそう^^)
ギターやピアノ小さいマンドリンで歩いて弾く姿が、
このRoute 109らしい徳永さんの姿なのかもと思いました。




・MCで眉が(?)

徳永さんって、あんなに"眉"を動かして話す方だったんだな〜と
なぜか印象に残ってます(笑)
表情豊かに話をしていた印象が強いです。

最終日で東京で、こんなおしゃれなSTBでと、
ホスト役(?)というのか、話たいことがたまっていたのか
後で増田さんから固いとは言われていましたが、
固さというよりは、張り切っていたからなのかなと自分は思いました(^_^)v


それで、MCに表情をつけようとされてからか、眉がよく動いていた印象です(笑)

この日も
”まだよっぱらって無い人〜〜??”
”じゃあ、、おれが酔わせてやるよー( ̄ー ̄)!!
・・・待ってました。言ってくれました(*^_^*)


"ブログでもTwitterでも一切言ってなかったんですが、

札幌LIVE後に知床半島に行ってきまして・・・
熊に遭遇しました(*_*)
気ぐるみじゃないですよ(^_^)
観光協会が、観光客を見計らって用意したわけじゃないんですよ〜(笑)

次に観光客が来たときにまた同じ熊が、同じ角度からイヤですけどね(笑)”




あと、増田さんに
”徳ちゃんはボーカリストだったんだね・・・”
"ベーシストなのにベースを持ってきていない!!”といわれたときに、

「僕元々、織田哲郎さんとか、シンガーソングライターに憧れてて・・」
ということを本当に普通にさらっとおっしゃられたのですが、
実はこれ、自分としてはかなり嬉しかった(>_<)
織田哲郎氏も大好きでよく聞いてますので。。

Sensationの「パラシュートが開かない」を聞いたときに
”織田哲郎さんのような雰囲気"という印象がありました。
徳永さんも、これだけソロライブをじっくりできるようになってくると、
本当に織田哲郎さんのような渋い大人な、雰囲気のある演奏が
今後ますますぴったりになってくると思います。



「パラシュートが開かない」

10/9 徳の日にHills パン工場で初めてこのピアノまったりアレンジで聴いて以来、
すっかり惚れてます。。
もうだめ(≧_≦)
聞けば聞くたびに、徳永さんご自身も演奏すればするほどに
どんどんはまっていっているんじゃないかと思いました


この日は飲食しながら見られる会場だったのですが、
特にこの瞬間だけは演奏の音以外お客さんもほとんど無音。。
徳永さんのpianoに鶴屋さんのカホーンのみ。
本当に静まり返ります。
まさに釘付けになってしまいます。



"パラシュートが開かない 真っ逆さまに
君の元まで 突っ込んじまおうか”

・・・ゆっくり歌われると、なんかモゾモゾしてしまうのですが(笑)

"I love you〜”的な典型的なラブバラード〜♪
ではなくて、
ちょっと陰のある、ひねくれた(?)大人の。
でもある意味まっすぐなラブソング。
これがまた今の徳永さんの姿には本当にぴったりです。

Sensationのオリジナルのタイトな音ももちろんいいのですが、
徳永さんのpianoに鶴屋さんのカホーンでの
もの憂げで時に情熱的なアコースティックアレンジが、
見事にぴったりはまっています。
この演奏は本当に自慢できるほどです(*´▽`*)



vocal部分が終わった後、"ライライライライ〜"と歌いながら頭を振り乱して引き倒す姿も魅力でした。

たぶん前の日記でも書いてしまったけれど、
やっぱり今回もよかったから何度でも振り返えってしまいます(笑)





・guest 増田さん

ついに、B'zでおなじみのkeyboard増田隆宣さん登場!!
屋久島の思い出だったりと、お二人の愛は続いているようです。。(笑)

つい先日のB'zでも何度も身震いするほど感動した増田さんの演奏。
楽しさもあり、でもしっかり流れる増田さんの生のオルガン。
その増田さんのオルガンが、徳永さんの音と共に聞けるのが本当に嬉しかった(>_<)

Bassがない(徳永さんですらBassを弾かない)ステージである分。
増田さんのこのオルガンの音が、ステージ全体を後ろからじっくり支えてくれていたように思います。
増田さんご本人も楽しそうでした(^_^)/


"B'zでも、特に最近はガイジンがいっぱいしゃべるようになって、
しゃべらせてもらえなくなった。
最近は、"まいど!"の一言すら言わせてもらえなくなった(笑)"

最近人前で多く話すことが少なくなってきたから、、
"だから今日はいっぱいしゃべる!!"(笑)



他の会場ではどちらかというと徳永さんが"兄"でしたが、
この日は、徳永さんにとっての"兄"が出演してくれたようで、
増田さん登場後は特に、徳永さんもリラックスされていた印象が強いです。

時折、徳永さんの方をポンと叩いて登場する姿が印象的でした♪

LIVE後は、噂の"夜の増田塾"を楽しまれたようで何よりです(^o^)/(笑)



・ポイズン

”いけるとこまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜”♪

かな〜〜〜り長いロングトーン。

お客さんに拍手をもらって、さらにさらに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

"・・・行こうじゃねえか(^_^)/”
この日も、特になが〜く伸ばしてくれました!



増田さんのオルガンが入ったことで、
doaの曲もさらに華やいだような、音の楽しさがさらに詰まったような





・英雄

間奏部分、鶴屋さんの熱くて心地よいカホーンソロをじっくり楽しんで♪

その間に徳永さんはスタンバイ(笑)
恒例にしたいらしい、マンドリンを抱えての客席乱入!
ハロウィーンコスでのマンドリン客席乱入♪
(頭に耳?が2つ、黒のマントを身にまとい)

2階席まである会場だったのですが、、
もちろん徳永さんもそこまで向かう(^_^)v

札幌公演のように一人ひとりにお菓子を配ることまではなかったけれど、
それでもやっぱり、客席に乱入して弾いてくれる姿はインパクト強いです(*_*)




・guitar増田さんに、piano徳永さん!!

アンコールで、ゲストもおそろいでRoute 109のTシャツを着て登場
なのですが。

徳永さんがピアノで、増田さんがアコギ。
逆(*_*)
まさかの組み合わせでの「We are one」(doa)
レアでした。。





最後に、セットリストも。
他の会場もゲスト部分以外はほぼ同じでした。

1.Route 66
(鶴屋さん登場)
2.虫の声〜California Girls 
3.テキーラ サンライズ     (Eagles)

4.Special Morining day to you (倉木麻衣)
5.パラシュートが開かない    (Sensation)

 -増田さん登場!!-
6.The Family Of Man   (Doobiie Brothers)
(石塚さん登場)
7.Love N'Music     (浜田麻里)
8.石塚さんオリジナル曲
9.Always      (Atlantic Star)

10.ポイズン (doa)
11.英雄 (doa)
12.悲しいほど 今日の夕陽きれいだね (grram)

(Encore)
1.We are one (guitar増田さんに、piano徳永さん!)
2.まわり道




------------------------------------


「Route 109 vol.3」
・・・もうばれてると思いますが、全公演行ってしまいました(^_^;(笑)
ここまで全力で東西南北追いかけたのは初体験です
なんで行ったんだろう(笑)

正直に言うと、始まる前は行くのをやめようかとも思ってました。
(仕事のピークもあってふらふらだったし、他にもまあ、ちょっとつらいこともあって)
それでも行くことができました。今回は、かなりありがたい。恵まれてました。

doaではなく、"徳永さんのソロ"というのも大きなポイントだったのだと思います。
&せっかくならお会いしたいファンの方がいる!という思いもありました。



全公演見に行って思ったのは、、
全く飽きない!
回を重ねていく度に、どんどんどんどん面白くなっていく!!

ということ。
徳永さん自身がどんどんリラックスして、どんどん解放されて、
どんどん天然ぶりを発揮して(^_^)
徳永さんは自由な方がいい(^_^)/
横で突っ込む大阪の男の人がいない分安心してみられます(?)



もちろんdoaというバンドが今の徳永さんの根底にあるのはこれからも変わらないとは思うのですが、
Route 109そのものが、徳永さんのソロLIVEとしてしっかり定着していると思います。
doaとは違う、徳永さんの音をじっくり楽しめる、ソロならではの魅力。いっぱい詰まってます。

vol.4 、vol.5、番外編(?)
もっと続いてほしい!
欲を言えば、、もっと広めの会場でやってほしい(安心してチケットが取れるとありがたい^^;)
なんて思ってもいます。


なんか、偉そうにRoute 109を語ってしまいましたが、
それぐらいいいLIVE(*^_^*)
またいつの日か、交差点パーティーで♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Route 109 vol.3 @六本木STB♪ azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる