azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS doa 10th Anniversary LIVE“open_door”2014@赤坂BLITZ

<<   作成日時 : 2014/07/10 01:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

doa10周年記念LIVE「doa 10th Anniversary LIVE“open_door”2014」@赤坂BLITZ公演に行ってきました(^_^)/
自分なりの感想です♪







今回は、なんと2階からLIVEを見ることになりました(*_*)
毎回見上げるばかりだったあれだけの大男達を、
ついに上から見下ろす日が来るとはな〜と、しみじみ(?)


doaというバンドは、メジャーデビューした「火ノ鳥のように」の頃には一応知って気に入っていて。
ただ、LIVEにはその頃はまだ行っていなくて
(そもそも他の人も含めて、LIVEというものにあまり興味なかった^^;)
音源を聞いて映像や写真、他のファンの方の感想etcで想像(?)して、
いいな〜と憧れていたのが初めだと思います。
今のように、生の演奏やステージに魅かれていったのは、実はdoaのおかげでもあります(^_^)

なので、いつからがdoaのファンなのだろう?
徳永さん大田さんのファンではあるけど、まだdoaというバンドのファンではないのでは?・・・

いろいろ考え出すと、長く長くなるのです・・・笑



もちろん、ステージ上のメンバーの姿は10年たった今の姿ではあるけれど、
あの頃から憧れていたdoaというバンド、徳永さんの姿をステージで見られたかのような、
長年の願いがかなったような不思議な感覚でした。

今回は上からバンド全体を俯瞰するかのように見られたこともあって、
なおさらそう思ったのかもしれません^^





※※ ここから、LIVEの内容に触れます。ネタバレ注意ですm(_ _)m ※※
(特にプレライブとの違いが中心になるかと)













画像






===============================================================================




1曲目「open_d」から「白の呪文」というスタートは、
1st album「open_d」の曲順そのもので、
10周年の幕開けを特に強く感じられる、心地よい流れでした♪


3年前、2011年の初のホールLIVE(幕が開いた瞬間、3人が"白"のシャツで登場して大感動した時*_*)
その時はこの「白の呪文」で始まって、あの頃もふと思いだしもしました。
こういう大事なLIVEの始まりに「白の呪文」はしっくり来ていいな〜と(^_^)v


「はるかぜ」は特に好きな曲で、10周年なら是非聞きたい!と思っていた曲。
夏だから諦めていたけれど、やっぱり聞けて嬉しい(^_^)

各アルバムからのメドレーの後には、
プレライブでは聞けなかったアルバムタイトル曲のアコースティックでのメドレーもあり、
これもまた味わいがあってじっくり楽しめました。




特に覚えている言葉は、やっぱり徳永さんの言葉

徳永さんのMC
"ここでMC上は「リーダーの10周年の挨拶」になってますが(笑)
"あえて考えてこないで、この場で感じたことを言おうと思ってきました"

"今日新幹線に乗ってきたのですが、いつも神奈川の実家の横を通ってくるんですよ"
"あの家の人、あの車に乗ってる人・・・もみんな同じように10年生きてるなと"
"僕達も最初から10年続けようと思ってきたのではなくて、
毎回毎回、いい作品を、いいLIVEをと思ってやってきました"
"僕達の10年は皆さんの10年だと思います!”




そして、
"稲葉浩志さんが作詞してくれたこの曲っ!!"

「Siren」!

自分の周りでは
"稲葉浩志さんが・・・"
の言葉の瞬間から大歓声でした(*_*)
みんな待ってたんですね^^v


10周年LIVEが開催されると知った時から、絶対に聞きたい!!
と思っていたのがこの曲。
プレライブと違って、少しキーを変えたおかげで、よりしっかり歌いやすそうな印象でした。
1st albumの音源の時以上に、徳永さんの今の歌声のよさが十二分に伝わってきました。
10年たった、より深くなったvocalでの「Siren」
さすが10周年、夢がかないました(≧_≦)




もう後は、どうにでもなれっ!!と思えるぐらい(笑)
ノリのよい曲が続きました(>_<)
「火ノ鳥のように」「英雄」も終盤にしっかり登場(^_^)v


大田さんメインの魅力が終盤特に炸裂したのが
「危険なカーブ」!!
本当にカッコよかった(T_T)

(上手く言葉で書けないのですが)
前奏部分で、徳永さんがドラムの前に下がってバンド全体を見ながら観客には"背"を向けて、
手でリズムを取る仕草が、なぜだか印象に残ってます。

"後姿"から感じる色気(とでも言えばいいのか?)、バンドマンとしてのオーラを、この時には感じられました。
上手く言えないのがもどかしいけれど、なんだったんだろうあの背中は。



-------
アンコール1曲目は、やはり
「心のリズム飛び散るバタフライ」

2006年の終盤、徳永さんがメインボーカルでは初のシングル曲。
ここから一気にdoaの音が深まっていったように思っています。

Sirenが好きですでにハマってはいたけれど、
この曲をきっかけに、徳永さんらしい言葉や表現(人生観のような)を
特に強く感じるようになりました。

その魅力のおかげでさらにひかれ(>_<)
…今に至るのだと思います(笑)
この曲もまた、今でも本当に大事な曲です。。



-------
終演後、、セットリストが会場出口で掲示されました!
ついにdoaでも、嬉しいです(^_^)/

少し悩みましたが、10周年ツアーが終わったらこの看板の画像は貼ろうかなと。
(曲はプレと大体同じで、アコースティックが増えた感じです^^)


画像














========================================================================




10周年LIVEも、寂しいことにあと1回・・・
終わった時、自分はどうなってしまってるんだろう(*_*;(笑)


ここまで来たなら最後の最後まで、、
じっくり楽しみたいと思います(*^_^*)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
doa 10周年ライブレポ@赤坂BLITZ(2014/7/5):前編
今回は去る7/5に赤坂BLITZで行われた「doa 10th Anniversary LIVE“open_door”2014」のライブレポを書いていきます。10周年のライブということで、非常に楽... ...続きを見る
適当日記
2014/07/16 18:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
doa 10th Anniversary LIVE“open_door”2014@赤坂BLITZ azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる