azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS Route109 vol.5 (最終日) @11/1 福岡 ROOMS♪

<<   作成日時 : 2014/11/09 01:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11/1 Route109 vol.5の最終日@福岡・大名ROOMSの感想です♪
個人的には誕生日前日でもあり、過去最大級の期待で臨んだLIVE。徳永さんとも相性抜群の福岡で、本当に楽しいLIVEでした(^_^)/





vol.2以来、毎回この福岡のROOMSでRoute109があり、大阪のhillsパン工場並みにホームになってきているのではないかと思います(ヒルパンよりもかなり見やすくていいところ^^)
個人的にも、このRoute109のおかげで、徳永さんの九州での素晴らしさに気がつき、
徳永さん@九州にはすっかりはまっております(^_^)/


“岩盤浴のように、皆さんの視線があったかい”(笑)
と徳永さんも言われたように
福岡、特にこの会場は暖かいんですよね^^見に行く自分ですらそう感じます。



前回もこの看板の写真を撮ったな〜としみじみ思いながら

画像








---------------------------------------------

・前半

おなじみとなった、Route 66の替え歌、「Route109」からのスタート。

“バイク乗りにはたまらない曲をカバーしてみたいと思います”
ステージ後ろに置かれた例のあの"ツノ"をバイクに見立てて持ち上げる仕草!
この日の2曲目「Born to be wild」
今まで聞いた中で特に徳永さんの歌声が伸びに伸びている印象を受けて、
やっぱり福岡には強いな〜(^_^)vと思い、
来られてよかったと改めて感じていました。

この後の、
倉木麻衣さん「Wake me up」
三枝夕夏IN db「Whenever I think of you」

セルフカバーも、歌声が特に響いていたように感じられ、じっくりと楽しむことができました♪


・ゲスト

この日のゲストは、去年のRoute109 vol.4と同じ、地元福岡出身
植田真梨恵さん!

去年に続いてということもあり、おなじみにもなってきました^^

ご自分でも、“あれからメジャーデビューして、大きくなって〜親戚のおじさんみたいだけど^^
と言われていたように。
これまでの、師匠や先輩、同世代の仲間とはまた違う、
“後輩”との、ざっくばらんとしたこういった話も
この日ならではだったように思います。


植田さん“徳永さんに編曲していただいた、今度発売される2nd singleのカップリングの曲を・・・”
徳永さん“カップリングかい!!”

と、
普段突っ込まれることの多い(?)徳永さんからの、突っ込み!
ちょっとレアだったかも?です。

植田さんの曲や、I shut the sheriffのセッションもありました^^
これまでと同じカバーでも、女性singerとのセッションで聞くのもまたいいな〜と改めて。



・ツノ

そんな植田さんも気になる、ステージ後ろのあのツノ(笑)

“これ気になる??本物なんですよ。
北海道のジンギスカン屋さんの主人がハンターで、
お店で出した鹿肉の鹿の角が飾ってあって。

当然・・・欲しくなっちゃっうじゃないですか(^-^)
飛行機にも持ってきて、毎回これは何ですかと聞かれたんですよ(笑)
今回のRoute109のツアーの中でも、入れる専用の箱を作るぐらい、一番大きい荷物(笑)”

植田さんのおかげで、やっと由来が分かりました^^




・後半

guestが退場してからは最後まで、doaの曲の中でも特に徳永さんの色が濃く出るdoa曲が続きました。
この日は特に声の調子も良くて(昼に食べたとんこつラーメンのおかげ?)
より深く、徳永さんらしい歌をじっくり楽しむことができたように思います。

“バンド形式の原点”とも言っていたこの3人編成での
「心のリズム飛び散るバタフライ」
改めて聞くと、いい歌だな〜と


車谷さんの超絶ドラムソロから始まり、
オリジナルよりスピード感のある、よりスリリングで強い「嘘」
演奏が素晴らしく、曲に元々ある力がさらに引き立って、聞き惚れてしまいます・・・


この後、他の会場では、「連絡はナッシング」と「Wave your hands」がどちらかが演奏されましたが、
この最終日は、両方演奏でした(^-^)
「連絡はナッシング」は、今年は何度か歌われる姿を見てきましたが、
今回は特に、歌う時に一言一言の言葉に込める思いがしっかり伝わってくるように感じられて、
生の表現力が特にある歌になっていたと思います。


そして、本編最後は
「SMILE」
もう本当にいい曲(*^_^*)

“10周年を終えて改めて、doaとして新しく作った最初の曲。
日常を頑張るしかない、という思いで作った曲です。
自分たちはよく、生活ソングと言ってますが、この曲もそんな曲です”

“いいことばかりではないし、つまづくこともしょっちゅうです。
そんな時でも大切な人にはsmileしていてほしいという思いを込めて作りました。”

これは前回の日記でも、特に感動したこととして書かせてもらいましたが、
徳永さんのvocalで聞くとその思いがより一層強まるように思えました。

“たとえ傷が痛む時も
心が折れてしまった時も
雲の中にいるような時も
悲しくてどうしようもない時も
SMILE SMILE SMILE”


畳み掛けるように歌われるこのサビの言葉は、何度何度聞いても引き込まれます。、
感動でした(T_T)




・アンコール

アンコールも、他の公演より1曲多い3曲♪

1曲目は、ピアノで一人で弾き語りされた未発表曲、「Hello」
これもまた、徳永さんらしい距離感のあるようないい感じの曲^^
新譜の中でじっくりと聴きたい曲です。。


2曲目はサプライズ!

植田真梨恵さんの発売直前のsingle「ザクロの実」を演奏。

“でもこの曲、bassもpianoもあるんでしょう?
じゃあ、俺がどっちも弾くよ〜”

と言い。本当に徳永さんはピアノの前に。。
ピアノの前に、ベースを肩にかけたまま立ち、メロ部分はしっとりとピアノを立ち弾き。
サビに入ればbassをノリノリで(^-^)
初めて目の当たりにした、まさかのpianoとBassの連続playに驚きました(*_*)



最後の最後は、もちろん!!
今回のRoute109 vol.5の初日直後の感想で、“伝家の宝刀”などとつぶやいてしまった、あの

「EAST WIND」!!


最後の最後まで、アンコール最後には大好きなこの曲が(≧_≦)「
今回は、あのEAST WINDについに女性が加わるという、貴重な場面でもありました。

他の会場とは違い、全力でbassを弾き倒すだけでなく、
植田さんとの絡みを楽しみながら、余裕のある感じでのplayだったように思いました。
途中にご当地だからか?、炭坑節のフレーズまで入って、余裕で楽しんでる〜感も。。


と思いきや(*_*)やはりこれでは終わらない。。
ステージからBassを弾いたまま、客席に降りてのplay!
しかも、前列のあるお客さんの手を取り、その場でbassを弾かせてくれるサービス(?)まで!!
最後の最後で、ここまで鳴瀬師匠が引き継がれるとは。。
見事でしたo(^-^)o





<Route109 vol.5 2014.11.1@福岡・大名ROOMS>


Route 109 (Route66 替え歌)
Born to be wild (Steppenwolf)
Wake me up (倉木麻衣 セルフカバー)

The Tennessee Waltz
Whenever I think of you (三枝夕夏 IN db セルフカバー)

Red boots (Jeff Beck)
RRRRR (植田真梨恵)
ハイリゲンシュタットの遺書 (植田真梨恵 2ndシングル c/w)
I shut the sheriff (Elic Crapton)

心のリズム飛び散るバラフライ

連絡はナッシング
Wave Your Hands
SMILE

[Encore]
Hello  (doa 未発表曲)
ザクロの実 (植田真梨恵)
EAST WIND (徳永暁人)






さすが福岡。
徳永さんが絶好調で、自然体なリラックス感が一番強く感じられました^^
他の会場よりも曲も多く時間もMCも長く、今回特にじっくり楽しめた公演だったように思います。
最終日、誕生日直前にここに来られて本当によかった(T_T)




-------------------------------------------
-------------------------------------------



福岡公演に限らず、の話になってしまいますが、

今回のRoute109の日程が発表された時は、
それはそれはもう、過去最大級の期待をしていました(>_<)/

トリオバンド形式で徳永さんはBass♪
名古屋は夢のBlue Note♪、横浜は憧れのMotoin Blue♪(しかも後にguest鳴瀬師匠が発表され^^)
そして、最終日福岡は、個人的に誕生日前日。。
日程的に厳しかったり、FCの申込が…で苦しい時もありましたが、それも一部なんとかなりました。

個人的には、doa以上にすっかりRoute109に思い入れが強くなりまして、
特に今回は観にいきたい!!という思いは本当に強かったと、自分でも改めて思っています。


大好きな「EAST WIND」を思う存分楽しめたことも、もちろん嬉しかったですし、
doaでは見られなようなセッション、徳永さんのよさがぎっしりと詰まっていて、
ますますRoute109にハマりました。

見にいけた回は毎回本当に素晴らしくて、
この秋は、このRoute109にかけて本当によかった(≧_≦)
と思っています。
これだけ109にハマってしまい、doaファンに復帰?できるのだろうかという不安もまた(笑)



このRoute109期間中、お会い出来た方やお世話になった方etcも
本当にありがとうございました(^_^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Route109 vol.5 (最終日) @11/1 福岡 ROOMS♪ azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる