azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS Route109 初仙台公演@satindoll 2000

<<   作成日時 : 2015/11/11 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日のBLUE NOTEの余韻覚めやらぬ中、先月に戻ります^^;
「Route109 vol.6 仙台@satindoll 2000」 公演の感想です。
Route109としては初の仙台公演!アットホームで密着感の強い会場で、熱い演奏をじっくり楽しむことができました♪




会場は、仙台@satindoll 2000
ソファやテーブルが並ぶJAZZ BARを貸し切ったかのような会場。
ちょっとしたホームパーティーのような雰囲気でした。
全体で100人いないぐらいのお客さんでも会場は埋め尽くされて、
これまで以上に"密着感"がかなり強い印象を受けました。


会場の構造上、ステージに行くためには観客の後ろからでなければならないようで、
入退場するたびに、何度も観客の間を分け入って移動してました^^

そのおかげで、
1st,2nd共に通路側に座れた自分は、メンバーが通るたび、
何度もハイタッチできてしまいました(^_^)//





※※※ ここから、ネタバレ注意です ※※※

画像


















---------------------------------


・千年DIVE!!!!

ヴィジュアル系バンド、アンティック-喫茶店-へ提供したメジャーデビュー曲をセルフカバー。

ほらやっぱり^^v
回を重ねていくたびに、トリオバンド自身がこの曲になじんできて、
軽快な弾けぶりがどんどん増してきますね〜(^_^)


提供曲とはいえ、徳永さんがこの曲を?という意外性もあって、
あっけに取られることもあるかもです。
せっかくなら、お客さんに前もって曲になじんでおいてもらうためにも
一部だけでもセットリストを前から公開してもいいんじゃないかな〜と
ふと、思ったりもしました(←独り言ですw)




・guest 黒瀬蛙一さん登場!!

guest 黒瀬蛙一さんが登場!
98年B'zのツアー以来の付き合い。
doaでは初期のLIVEではサポートドラムを叩いてくれたりもしていて、
兄貴と呼んでいるようです^^


2ndでは、doa「3」ツアーグッズのタンクトップを着ての登場^^
ただ、徳永さんが言うには
“伝説の、doa史上一番売れなかったグッズです(笑)真冬のツアーなのに、タンクトップ。。(笑)”
だったようです。

“黒瀬君は、ドラマーなのに歌詞を覚えてきてくれる。
たまに、黒瀬君の歌声がマイクに乗っかっちゃうんです(笑)
doaの「3」ツアーの本番中でも、
ふと後ろを見ると、歌詞に感動して叩きながらボロ泣きして、
顔真っ赤にして泣きながら叩いてくれてたんです”

徳永さんも、友達を迎えてリラックスして話されている印象が強くて、
この会場のアットホーム感がさらに増しました^^




・後半、熱くなって。。。


「ひまわり」をピアノでじっくり弾き語った後は、
「クライマー」「大人ラプソディー」と続く、熱い熱いこの流れ(*^_^*)

「大人ラプソディー」終盤、
“大人のバカヤロー”と叫びながら炸裂する徳永さんの熱血チョッパー!!

この密着感の中だと、もう熱そのものが直接こちらにも伝わってくるように感じられました。
それぐらいの凄まじい熱さ!!
徳永さんのBass playで、会場の空気がらっと変わって、
一気に火が付き燃え上がったような印象がかなり強かったです。


その後、徳永さんは、
“熱い!! 脱いでいい?”
と言って。

本当にシャツを脱いで、半そでのインナー黒シャツ一枚に(*_*)

こんな至近距離で見てしまったら、それは、もう(//__//)
…こういうこと言うからあれなんでしょうが(笑)
この日のインナー姿は、くっきりと目に焼きついてます(>_<)





・We are one

アンコール最後は、てっきり「EAST WIND」を引き倒すのかと思ってましたが、
仙台ではこの「We are one」でした。

震災後に仙台に来たとき、空港で隣にいた男性の携帯から流れた着信音が、たまたまこの曲だったということで、
仙台では是非歌いたかった曲のようです。

この会場のアットホーム感にもしっかり合ったいい唄でした♪






ROUTE109
Joy to thw world
千年DIVE!!!!!(アンティック-喫茶店- 提供曲セルフカバー)

-徳永さん piano-
I just call to say I love you
STAND BY YOU (倉木麻衣 提供曲セルフカバー)

<guest 黒瀬蛙一 登場>
心のリズム飛び散るバタフライ
Bones (Massacre)
Ongaku (YMO)

ひまわり
クライマー
大人ラプソディ
サザンライツ


-Encore-
Love me tender
We are one












画像




----------------------------------


初日の福岡公演とこの仙台公演と、
今回のRoute109 vol.6の中で特に遠い2箇所を無事に楽しむことができました^^v

初日ももちろん楽しすぎたのですが、
回を重ねると、バンド自身が演奏にも慣れて、どんどんよくなっていきますね。
だからこそ、Route109は止められません(^_^)/



今回のguestは、黒瀬蛙一さんということで。
ということは、、
いつかは、"guest 満園庄太郎"もありえるのかな〜と思ったりもしました^^


走った距離は裏切らないというマラソン選手の名言がありますが
まさにそんな心境(?)でした^^
駆けつけていって本当によかったです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Route109 初仙台公演@satindoll 2000 azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる