azuki17♪の Music&Life

アクセスカウンタ

zoom RSS Route109 vo.l.6 @hills パン工場 10/24 ♪

<<   作成日時 : 2015/11/12 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「Route109 vol.6 @hills パン工場」 10/24の感想です♪
多彩なguestとの共演の中、徳永さんらしさもしっかり感じられた日でした。
個人的にも、サプライズが起きました(*_*)



doaはもちろん、Route109の会場としてもすっかりホームとなっているhills パン工場。
今回のguestは、1stにビジュアル系バンド少年記の二人、2ndに大野愛果さんと、
注目が集まった日だったのではないかと思います。




※※※  ここから、ネタばれです  ※※※

画像





























---------------------------------------------------------


・千年DIVE!!!!!

今回のRoute109の中で、特に気になり続けているセルフカバーがこの曲。
この日も絶好調!

「アンティック-珈琲店-というビジュアルバンドに提供した、メジャーデビュー曲です。
作詞はあの、大黒麻季さんです」
ここで、
"ら・ら〜 ららら〜"
と似てないレアなものまねもちらっと披露(笑)


疾走感のあるアグレッシブなバンドの音が、聴いていてもどんどん楽しくなってきて、
やっぱり思っていた以上にこのトリオにはぴったりですね。
今回のvol.6での密かなキラーチューンではないかと思っています♪





・i just called to say I love you


「中学生の頃から洋楽にハマって以来、ほとんど洋楽を聴いて育ってきました。
その中でも、特に歌詞が好きな曲です。

“新年でもクリスマスでもバレンタインでもハロウィンでもない、普通の日だけど。
君にI love youを言うためだけに電話したんだよ”

と歌われるこの曲は、中二の英語でも歌詞の意味が分かって。
く〜〜〜〜(>_<)っと、当時の徳永少年、それはもう〜キュンキュンきましたよ(*_*)
未だにそんな電話したこと一度もないけど。。。(ボソッと)
…もっと笑ってよ、ここ(笑)」

と紹介され、ピアノで歌われたこの曲。
これまでよく歌われてきたwest coast rockとは違って、
スティービーワンダーばりのソウルフルなvocalもいいですね。
徳永さんの美声にはぴったりでした^^





・guest ( 1st 少年記 コウ、怜)


なんと、ビジュアル系バンドからのguest

1,2曲は少年記の曲を一緒にセッション。
若手に負けじと、徳永さんは立ち上がってのkeyboard演奏も披露!


徳永さんもMCで
「普段からそういう格好してるの?」etcと話しかけていたように、
“ビジュアル系”
と言ってしまうと、やっぱり独特の見た目に注目がいくのですが、
それ以上に、魅せ方や言葉の用い方etcを含め、
“表現力"
に特に優れたバンド形態なのだと思います。

これは、どんなバンド形態であっても重要ななことですね。
比較的シンプル(地味な?)ご自身のバンドにも、表現力という点でプラスに影響すれば、
と思ったりもしました。(徳永さん、もともと美形なのだから^^)


3曲目は、なんとdoaの「英雄」!!

徳永さんはpianoからBassに変わり、終盤は怜さんとの熱いBass battle♪
こういう英雄もいいですね^^v



・guest ( 2nd 大野愛果 )

もうすぐハロウィンということで。
一旦ステージには幕が下り怪しげな雰囲気になり、
メンバー全員が仮装しての登場!

そのまま1曲目、菅崎茜「beginning dream」

お〜久しぶりに聴きました!10年以上前の菅崎さんのデビュー曲。
(この次の2nd single「君の名前 呼ぶだけで」は徳永さん提供曲で、こちらもまたいいんですよね。
こういう話しだすとと長くなるから止めますw)

仮装しつつも、曲全体のミステリアスな空気もよかったですし。
ザクッと刻まれる徳永さんのBassやトリオバンドの演奏も、カッコよく決まってました!




2曲目は、ZARDの「かけがえのないもの」

もう何もいえないぐらい、圧巻でした・・・
大野さんのvocalに、しっかり寄り添う徳永さんのpiano。

ZARDといえば、爽やかなイメージももちろんあるのですが、
歌声や言葉、音に独特の"芯"があるのも特徴だと思っています。
この日の演奏も、ZARDらしい、良い部分がしっかり引き継がれたものだったように感じられました♪
大野さんの声もよくて、聴いているだけでじんわりときますね。。


そして、
「お互い作曲家ということで、普段は近いようでなかなか会えませんが。
せっかくなので、やっぱり大野さんといえば!の曲をリクエストしてみました」
とのことで、


3曲目は、
倉木麻衣さんへ提供した
「Love,day after tomorrow」!!


徳永さんといえばの「stand up」でも「Feel fine」でもなく、
まさかの「Love,day〜」!!
いいの!?と思うほど驚きました。
自分の中で、徳永さんはあえてそっちには触れないのでは?という勝手な線引きがあったのかもです。

大野さんのvocal、そして徳永さんのkeyboard&chorusで歌われるこの演奏。
息もぴったりで、見事でした(^_^)/
今回の大野さんのguest出演のおかげで、
見られるようでなかなか見られない、貴重な交差点となりました^^v






・Love me tenderで…


アンコール1曲目は、あま〜〜くていい声で、じっくりと歌ってくれたこの「Love me tender」
ツアー当初は照れ隠ししながら歌い上げる様を見るのが楽しくもあったのですが、
回を重ねるごとにすっかり板についてきたのでしょうか(*^_^*)
この日はもう、自信たっぷり、愛を込めて(ちょっと込め過ぎてw)歌われていたように思います。


観客の中に入り、パンプキンのかごに入った飴ちゃんを配りながらゆっくり歩いていく徳ちゃん。
(しかも、2ndではバラの花まで登場)
飴が途中でなくなってしまっても、
後方のお客さんに向かって、愛を届けてくれました。


この時、位置的にたまたま後方、目線に入る近くに座っていたからか。

・・・徳永さんに、見つめられてしまいました(≧_≦)

いやいや、まさか〜と思うようにしてましたが、
後で、後ろで見ていたファン友達からの目撃情報もあったぐらいだから、ガチだったんでしょうね(*_*)
いつもは、目線どころかピックも投げてくれないのに、今日に限ってどうしたのか(笑)

身振り手振りで、こちらを向いてじっくり愛を届けてくれるものだから、
面白いを通り越して、恥ずかしくてしょうがない(汗)
いや〜〜もう。
本当に恥ずかしくて熱かった(//_//)(笑)

ステージに戻った後も、歌いながらパンプキンのかごをなでなでしたり、くちづけしたりと。
見事なこわれぶりでした(笑)







・ROUTE 109
・joy to the world
・千年DIVE!!!!! /アンティック-珈琲店-

・I just called to say I love you
・STAND BY YOU /倉木麻衣


<guest>
(1st 少年記 コウ・怜)
・ココロモンスター /少年記
・WEAKNESS_MY BLOOD /少年記
・英雄 /doa

(2nd 大野愛果)
・beginning dream /菅崎茜
・かけがえのないもの /ZARD
・Love,day afeter tomorrow /倉木麻衣


・ひまわり
・クライマー
・大人ラプソディ
・サザンライツ

(Encore)
・Love me tender
・we are one /doa














画像



画像




-----------------------------------------------


さすが、活動拠点の大阪。hillsパン工場!

これまでにもこのhillsパン工場でのRoute109を何度も見てきましたが、
多彩なguestのおかげで、不思議なことに毎回毎回印象が違うんですよね。

徳永さんの道=Route109と若手からベテランまで幅広い仲間との道が、
特に多様に交差するのが、このhillsパン工場でのRoute109なのではないかと思いました^^



個人的には、珍しく(?)見つめ愛までしてしまったように思いまして(>_<)
衝撃的な日となりました(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Route109 vo.l.6 @hills パン工場 10/24 ♪ azuki17♪の Music&Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる