「心のリズム飛び散るバタフライ」から10年

2006年12月6日から10年。doaのsingle「心のリズム飛び散るバタフライ」が発売されてから10年がたちました。


doaのsingleとしては、初の徳永暁人さんmain vocalの楽曲。
ついに、あの徳永さんの歌声がメインで聴けると知った時は、本当に嬉しかったことを覚えています(^_^)
楽曲は胸を打つバラード!!
しかも、凄い曲名(*_*)サビ終わりで急に終わる曲展開etc
じっくりなバラードではあったけれどインパクトの強い曲だったと、当時も今も思っています。

カップリングの「One Love」「She's gone」もこの曲と寄り添うように一体となって本当に心地よくて。
一枚のミニアルバムのようでもありました。
この曲の発表を機に、doaの楽曲が一気に深みを増していったように思います♪



10年経った今改めて聞くと、
自分もそれなりに経験を経てきたからか、感じ方も変わってきたのかもしれません。
"共感"と安易には言えないかもしれないけれど、
(まあ、10年もたてばそれなりにいろいろあったのですよ^^;言わないけど(笑)
それでも、やっぱり素晴らしい曲である事に変わりはありません。



"心のリズム飛び散るバタフライ"
という、
もうこれ以外に二度と出会うことのないような、大きなインパクトのあるタイトル。
今思えば、この曲で描かれている心境・悩みetcが一番素直に現れたフレーズだったのかと思います。
"蝶"として描かれた"君"も、
近くにいるのに掴めない、それでも気になって仕方がない存在をイメージするためにはぴったりな言葉です。

画像




先日の12周年LIVE「doa 12th winter Live “open door”2016」でも、
歌声が身体中に響くほどの徳永さんの熱唱に胸を打たれました(*^_^*)

画像






--------------------

音楽が好きでも、LIVEにはほとんど興味がなかった自分が(←今では信じられませんがw)
絶対doaを観に行きたい!!!
と強く思うようになったきっかけの曲でもあります^^


あれから10年。。これからも!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック